スポンサードリンク

2008年07月11日

ダイエット[220日目]大仁田厚『やせたい人は運動するな!』1日5分タッチダウン・ダイエット/世界の幸福度は?

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-19.9kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:84.9kg
体脂肪率:27.9%
BMI:28.3
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166 ヨーグルト100 もも30 いちご4 朝計300kcal
昼食
スパイシーホットチリチーズバーガースパイシーホットチリチーズバーガー454 
プレーンドッグプレーンドッグ407 昼計861kcal 朝昼計1161kcal ファーストフード久し振りで大好きなモスバーガー!何年ぶりだろう?やっぱり美味しかったけど、舌に残る違和感!人工物?化合物?無関係?なんじゃろ? 夜はかなり減らさなきゃがく〜(落胆した顔)
夕食
ごはん1/2:110 みそ汁50 かつおタタキ80 あじ刺身80 夜計320kcal 今日の合計1481キロカロリーで合格決定昼にモスを食べてカロリーの残りが少なかったので、おかずを一品減らし、ごはんも半分にしてギリギリ。昼に食べ過ぎるときつい。最近は朝も増えてきたのでそのせいもあるなわーい(嬉しい顔)
今朝の体重は100g減って84.9kg(−22.1kg。あと19.9kg)晴れ
体脂肪率は0.2%増えて27.9%でした小雨
やはりこんなペースだね〜。2週間で1キロかな?

新聞のテレビ欄に「運動せずに50キロダイエットは本当か?」みたいな見出しがあったので、「お!レコダイ(レコーディングダイエット)かな!」と思って見てみたところ、顔が隠されていて、岡田斗司夫さんではない感じ。そのコーナーになるまでしばらく時間があって、「誰だ?誰だ?」と待っていたら、大仁田厚さんでした。プロレスラーから国会議員になった大仁田さんです。議員になりかなり太っていたはずですが、とてもスリムになってました。ま、もともとプロレスラーだから「運動しないダイエット」と言っても、筋肉がモリモリしていましたけどね。太っていたとは言え、普通(?)のメガデブとは太り方の質が違ったのだと思います。

そんな大仁田さんのダイエットですが、「運動するな!」というタイトルですが、1日5分の運動はするようなのです。「激しい」運動はするな!って言うのが本当の所のようです。2年で50キロ落としたって言ってたかな?

で、このダイエット方法を本にしたようなんですね。

やせたい人は運動するな!

楽天ブックスの説明を引用すると・・・
運動しすぎは太ります!本書では、「1日5分」で、50キロ減量した大仁田厚の「運動しない」ダイエット法を初公開!
「身体を動かせば動かすほどやせる」。そう考えている人は多いのではないでしょうか? 実際は、運動しすぎると食欲の中枢神経が狂うので、食べ過ぎてしまい太ります。
本書では、「1日5分」のエクササイズで、50キロの減量に成功した大仁田厚の「運動しない」ダイエット法を初公開します。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

激しい運動してもやせられなかった著者でもできたタッチして(さわって)体重をダウンさせる(落とす)、「タッチダウン・ダイエット」の秘密を初公開。

【目次】(「BOOK」データベースより)

プロローグ 私はこうして暑苦しい男を脱出した(「運動しすぎ」がやせない原因だった!)/第1章 「1日5分」でやせられるタッチダウン・ダイエット―若々しく50キロ減、脱メタボ(1日5回は鏡を見る/寝るときは何も着ない ほか)/第2章 下半身を引き締めてスリムな身体をつくる―「1日5分」の簡単エクササイズ(ヒップ・脚・お腹をさわるだけ/ヒップを上げるエクササイズ ほか)/第3章 食欲がコントロールできれば、ダイエットはうまくいく―「1日3食」でもやせられる!(食べ物・食べ方で“やせ体質”になる/昼は好きなものを食べてOK ほか)/第4章 やせると新しい人生が待っている―50代を元気に生き抜く方法(男は50歳からモテる/年齢は忘れたほうが若返る ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

大仁田厚(オオニタアツシ)
1957年10月25日生まれ。元参議院議員、プロレスラー、タレント。1989年、プロレス団体「FMW」設立。引退後はテレビ等で活躍する傍ら、大学に進学。2001年、参議院議員に初当選。2008年にはロックバンド「KlxxANDCRY」を結成。アンチエイジングやメタボリック等の分野にも取り組んでいる。米国スポーツ医学大学メンバー、米国ナショナルスポーツトレーナー協会会員

森谷博行(モリヤヒロユキ)
カイロエステティックサロン「ナチュラルファースト」院長。カリスマ雑誌モデルたちがお忍びで通う、話題の整体師。間違いだらけのカラダ常識をくつがえす画期的メソッドを持っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


1日5分の運動で50キロダイエットしたのですから、当然食事の改善があると思っていましたが、目次を見てもやはりありますよね。おそらく、至極真っ当なダイエットなんだと思います。大仁田厚さんだから、気合と根性でがむしゃらに痩せたのではないかって最初は思ったのですが、たぶん当たり前のダイエットなんだと思います。でも、当たり前のことを2年間やり続けたのが大仁田さんの気合と根性なんだと思いますけどね。

新しい宣伝文句としては、「運動しすぎは太る!」「運動しすぎると食欲の中枢神経が狂うので、食べ過ぎてしまい太ります」という点でしょうか。プロレスラーとして身体を鍛え抜いてきた大仁田さんだからこそ言える部分で、「激しい運動をしてるのに、どうして痩せないんだろう?」という疑問が出発点になったのではないでしょうか。

目次を見てみて個人的に嬉しかったのが「第4章」

やせると新しい人生が待っている―50代を元気に生き抜く方法(男は50歳からモテる/年齢は忘れたほうが若返る ほか)

私はまだ40才ですが、まだまだ大丈夫なんだと思わせてくれますわーい(嬉しい顔)
この本のターゲットが50台ってことなのかな?大仁田さんってもう50台なんだっけ?1957年10月25日生まれだから今ちょうど50歳なのか〜。プロフィールを見ると、「アンチエイジングやメタボリック等の分野にも取り組んでいる。米国スポーツ医学大学メンバー、米国ナショナルスポーツトレーナー協会会員」などとあり、どういう団体かはわからないけどスポーツ医学やトレーナーのメンバーでもあるようなので、それなりの知識もあるのかもしれませんね。

タッチして(さわって)体重をダウンさせる(落とす)、「タッチダウン・ダイエット」が今度は流行るのかな?岡田斗司夫さんのレコダイ(レコーディングダイエット)の新しいライバルになるのかも。次から次に新しいダイエットがブームになるからね。テレビや雑誌は、どんどん新しいブームを作らないと儲からないからね〜。

でも、1日5分のタッチでいいのなら、レコダイと並行してやれるダイエットだよね。おそらく5分のタッチと食生活の改善が主な柱だと思われるので、レコダイに5分タッチを加えるだけで良さそう。鏡を5回見るとか、裸で寝るとか、細かいアイデアがいろいろありそうだし、食事方法のところや、「50歳からモテる」というのも気になるな〜。

おかげ様で現在第2位ですわーい(嬉しい顔)応援ありがとうございまするんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ


「世界の幸福度は向上している」というニュースです。
52か国・地域しか調査対象としていないのでどうかと思いますけど、対象中、40か国で幸せ指数が上昇したんだそうで、なかでも大きく上昇したのは、インド、アイルランド、メキシコ、プエルトリコ、韓国だったそうです。

で、併せて発表された世界97か国(世界人口の90%が在住;97ヶ国で90%なのexclamation&question)の幸福度ランキングでは、「幸福でない」とランク付けされた国は20か国にとどまったそう。
このランキングではデンマークが1位で、最下位はジンバブエだったそうで、デンマークでは国民の52%が「とても幸せ」だと答えたのに対し、ジンバブエでは「幸せ」と答えた人が4%程度に過ぎなかったというのです。「幸せ」と答えた人が4%程度というのが悲しいもうやだ〜(悲しい顔)ですね〜。1位のデンマークでさえ52%だけなのか・・・。

で、日本は何位なんだろうと思うところですが、日本は97カ国中43位だそうです。http://narinari.com/Nd/2008079755.html
1位 デンマーク
2位 プエルトリコ
3位 コロンビア
4位 アイスランド
5位 北アイルランド
6位 アイルランド
7位 スイス
8位 オランダ
9位 カナダ
10位 オーストリア

16位 米国
43位 日本

88位 ロシア
89位 グルジア
90位 ブルガリア
91位 イラク
92位 アルバニア
93位 ウクライナ
94位 ベラルーシ
95位 モルドバ
96位 アルメニア
97位 ジンバブエ

こういう調査は何を「幸福」とするかで大きく結果が変わると思うのですが、デンマークってそんなに幸福な国なのかなぁ・・・。デンマークってどんな国だろう。有名なモノってなんだっけ?有名人って誰?デンマークの首都は?そもそもどこにあるんだっけ?
いい機会だから調べてみようっとexclamation
posted by マカロン at 10:32 | 絶好調絶好調 | Comment(6) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レコダイ実践中さん、こんにちは
石川人志です。

本日は少し私事のお願いに参りました。
暫くコメント回りを誠に勝手ながら
お休みさせていただきます。

といいますのも、メインの方がおろそかに
なってしまい、なかなかメインが進みません
ので、メインの土台が出来るまでの間、
お休みさせていただきます。

もちろん、毎日日記を更新しますし、コメントを
してくださったかたには、記事の感想は書けませんが、
毎日ブログランキングを応援させていただきます
ので、是非とも、応援の程、よろしくお願いします。
Posted by 最速ダイエットの石川 at 2008年07月11日 12:42
石川人志さん、こんにちは。
わざわざご連絡いただきまして、ありがとうございます。ブログのコメントは、お時間のある時にするものですので、お気になさらずに〜。
これからもどうぞよろしくお願いします。
私こそ応援させていただきますね。
Posted by 石川人志さんへ at 2008年07月11日 13:39
大仁田さんって年上だったのねぇ〜、ちょっとびっくり。

運動畑にいた方が、運動を拠り所にしないダイエットを実践されたことにこと。出来そうでなかなか出来ないと思います。

動けばやせるんじゃないか、レジが増えると減らないって私も嘆いてましたし。1日5分のエクササイズよりは動いてるし、心配するのやめよ〜っと(って楽に走る私なのでした。)

お互い今が痩身適齢期ですよ、うん。

Posted by たすく at 2008年07月11日 15:04
たすくさん、ありがとうございます。
大仁田さんがもう50歳というのには私も驚きました。
大仁田さんは出版に合わせて(?)なのか、ブログを昨日から始めたようです。
http://ameblo.jp/atsushi-onita/

今日の記事は食生活の方法が書かれてました。
朝食が豆乳というのはレコダイの影響かも。

過激な運動をしても痩せなかったので疑問に思ったのかもしれませんね。大仁田さんは知恵があるから、良いダイエットに気づいたのかもしれません。

楽に走るのは私も一緒です(笑)
痩身適齢期ですね、うん。
結婚適齢期は?あはは。
Posted by たすくさんへ at 2008年07月11日 18:10
久しぶりのモスおいしかったですか〜?
お昼多いと夜やっぱり悩みますね。
私も今日はかなり悩みに悩みました!
後が大変でしたが、人の作った食事はおいしいなって思いました(笑)

大仁田さんダイエットされたんですね。全然知らなかった。
運動しないダイエット・・・5分はするみたいだけど
運動好きじゃない人向きなんですかねー?
でも大仁田さんは運動好きか。
本当に沢山のダイエット法があって
その中から自分に合ったものに出会うのすら難しいんじゃないかと思えてきます。
レコダイ続けてらっしゃる方々は、出会えたってことかもしれないですね〜。
Posted by ツバキ at 2008年07月11日 21:56
ツバキさん、ありがとうございます。
モス、美味しかったです〜。ホント、いつ以来だろう・・・?でも、なんか舌に残る嫌な感覚。なんだろう。

人の作った食事?誰に作ってもらったのかブログが楽しみです。ご実家かな。

突然、大仁田さんのダイエットの話題が出てきたのでビックリでしたよね。そう言えば姿を見ていませんでした。

私もいろいろなダイエットをやってきましたが、レコダイに出会えて本当に良かったです。でも、リバウンドせずに維持してこそ成功なんですよね。減量だけなら無理したらできますから。そうなった時に初めて成功なんですよね。先は長いですね。
Posted by ツバキさんへ at 2008年07月11日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)