スポンサードリンク

2008年06月13日

ダイエット[192日目]野菜ジュースは栄養不足か&長谷川穂積6度目の王座防衛

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-22.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:87.4kg
体脂肪率:28.2%
BMI:29.1
食事
朝食
生きて届けるビフィズス菌ヨーグルト2個138 豆乳野菜ジュース166 家庭菜園イチゴ1 朝計305kcal トイレ10日以来で少々苦しんだけどスッキリexclamation×2
昼食
カレーライス450kcal 朝昼計755キロカロリー
夕食
ごはん220 みそ汁50 野菜揚げとジャガイモの煮ころがし160 イカとブロッコリー炒め41 夜計471kcal 今日の合計1226キロカロリー1226で合格決定ちょいと少なめだけど、昨日オーバーしてるからちょうどいいでしょう晴れ
今朝の体重は600gも増えて87.4kg(−19.6kg)でしたが、体脂肪率は0.9%も減って記録を大幅更新する28.2%でした。体脂肪重量を計算すると昨日が25.28kgで、今日が24.64kgと640gの脂肪が減った計算になる。単純に考えると、640gの脂肪が燃焼して水になったとも考えられるので、その水が抜ければ体重がストンと落ちるのだろうね。昨日は設定カロリーオーバーだったし、最近は1500kcalギリギリまで食べてるからホメオスタシスのホメちゃんは刺激していないと思うし、この体重の増え方と体脂肪率の減り方は、きっとストンと落ちる前兆ではないかな?と期待しちゃう。こういう日がたまにあるけど、その時って翌日はどうなっていたっけなぁ。。。う〜ん、記録が見つからないふらふら明日どうなるか見てみよう。うん。

もしかしたら、10日以来出ていなかったので、その影響があるのかも。さきほど少し苦しみながらも出てスッキリしましたので、明日の愛中もスッキリしてるかも。

さて、6月11日に「豆乳野菜ジュースが良いのかな」という記事を書いたのですが、あれを読むと「豆乳野菜ジュースさえ飲んでいれば栄養的には大丈夫!」みたいな印象を持ってしまうと思います。でも市販の野菜ジュースはメーカーが表示しているほどの栄養成分がないかもしれないので、注意が必要かもしれません。

見つけたものは「2000年11月6日:公表」とあり、国民生活センターのページのようです。古いテスト結果ですから、現在の野菜ジュースは改善されているのかもしれませんが、「豆乳野菜ジュースを飲んでいれば大丈夫!」というように思わせてしまったとしたらごめんなさいふらふら

食物繊維は、概して少なく、不溶性食物繊維は全く摂取できない銘柄もあった。
ともテスト結果にあるので、やはり生野菜の方が便秘にもいいのでしょうね。

たしか、野菜ジュースのパッケージにも注意書きがあったような気もします。ちょっと見てみるかな・・・私が好きなのはカゴメ「野菜一日これ一杯」なのですが、これには
・野菜ジュースには加工によって失われる成分もあります。
・コップ1杯(200ml)に350g分の野菜を使用していますが、野菜の全成分を含むものではありません。
・不足しがちな野菜を補うために、野菜ジュースをお役立てください。

と書かれています。
やっぱりそうだよね〜。一応25種類の野菜を使って、厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350グラムを入れていますよ〜という程度と見ていたほうがいいのかも。生野菜で摂取するより手軽だけど、生野菜ほど栄養分が摂れるわけないですもんね。25種類も毎日摂れないのでその点ではいいのかもしれないけどね。

そう言えば、以前、同じカゴメの野菜ジュースで「オールベジ」という少し高い野菜ジュースを飲んでいたことがあるんだけど、高いだけあった濃かったですよ〜。野菜がぎっしり詰まっている感じがして、重さも感じました。ズッシリ来る感じで、たぶん栄養成分も安いものよりは多かったはずです。

それでもやはり、野菜ジュースだけで済まそうというのがお手軽で手抜きなんだろうね。ま、野菜不足を補う程度で飲まないよりはいいでしょというくらいに考えて、期待しすぎない方がいいのでしょうね。

いつも応援ありがとうございますぴかぴか(新しい)
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ


ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチがありました。王者の長谷川穂積選手がKO宣言どおり、挑戦者のクリスチャン・ファッシオを2ラウンドでTKOで勝ちました。6度目の防衛に成功したのですが、強かったですね〜。朝刊によると、前回減量に失敗して苦しんだので、今回は早めに野菜中心の食事に変え、嫌いだったトマトも頑張って食べたそうです。トマトには「うまみ成分」があるから、美味しいんですけどね。水分の割合も人間の身体に近いと、トマトダイエットの本には書かれていたような・・・。

ボクシングは昔から大好きで、テレビ中継があれば必ず見てきました。最近は世界タイトルマッチでも放送されないことがあるのが寂しいのですけどね。ボクシングを見ていて、いつも残念なのが体重が分からないことなんです。バンタム級って言われても何キロくらいか分からないですよね。柔道なら何キロ以下とか100キロ超級とかなのでわかりやすいんですけどね。

で、前に調べたことがあって、あまりに軽いからビックリしたことがあるんですが、長谷川選手の場合、身長167.6cmでバンタム級は115〜118ポンド(52.163〜53.524kg)なんですよ。細いですよね〜。
ちなみに「あしたのジョー」の矢吹丈もバンタム級です。
posted by マカロン at 11:51 | 🌁 | 好調好調 | Comment(14) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
単一で万能な食品なんてないですもんね。ほんとうはそれぞれの野菜から直接摂るのに勝るものはないんですが、なかなか難しいですもんね。

しかし、バンタム級って女性の体重ですね!!重い階級は元々華奢な日本人には不利だって言われてあまり選手もいませんけれど、逆に外国選手はここまで軽いと力も出ないんでしょうかね。ボクシングはとんとわかりませんが。
Posted by たすく at 2008年06月13日 21:18
たすくさん、こんばんは。
ボクサーはホント軽いんですよね。
ギリギリまで絞って、それでもまだ減量しなくてはいけなくて、水すら飲まないようにするそうですからね。そうやって絞りながらスタミナやパワーを落とすわけには行かないのですから、厳しい競技ですよね。

試合の前日に軽量があって、それをパスするとたくさん食べるから、試合当日は何キロも増えていたりする選手もいるそうです。ずっと食事制限していたのですから、急にたくさん食べたら胃腸を壊しますし、身体のキレも失いそうですけどね。

私なんかも100g単位で一喜一憂してますが、ボクサーの場合だとバンタム級で52.163〜53.524kgとこんな指定なんですから、1g単位で一喜一憂しているのかもしれないですね。
Posted by たすくさんへ at 2008年06月13日 21:30
こんばんは。
過度の期待は禁物ですね。
私の食生活における「野菜スープ」もそんなとこかなーと。
食べないよりいいし、好きじゃないものもぶっこんである分いいかなって(笑)
どちらかというとメンタル面での安心感を得ているのかもしれないです〜。
ボクサーの減量のお話って壮絶ですよね。
それをやり遂げる強い意志があって、
なおかつそんな中で力を発揮しないといけない。
本当に厳しいスポーツですね。

前々からお願いしようと思ってたのですが、
こちらからリンクを貼らせていただいてもよろしいですか?
宜しくお願いします♪

Posted by ツバキ at 2008年06月13日 22:21
ツバキさん、こんばんは。
たしかに過度の期待は禁物ですよね。おっしゃるように、安心できる面は大きいような気がします。プラシーボ効果みたいなものでしょうか。単純なもので(笑)

でも考えてみると、普通の食事だけで必要と言われる量の野菜を食べることって大変ですよね。レコダイ前には飲んでいなかったのですから、飲まないよりプラスにはなるでしょうからね。

リンク貼っていただけるんですね。嬉しいです。
実は、こちらからは既に貼っていたんですよ。許可なくコッソリと。ご都合が悪ければおっしゃってくださいね。
Posted by ツバキさんへ at 2008年06月13日 22:47
!!
リンク気づいてませんでした。ありがとうございます☆
都合が悪いなんてとんでもないです〜。
これからも宜しくお願いします♪♪
Posted by ツバキ at 2008年06月13日 23:24
ツバキさん。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by ツバキさんへ at 2008年06月13日 23:44
こんばんは、心配していただいてありがとうございます。
私の方はただいま75日目の変化がやってきまして、どうも最近ネガティブで、1kgほど増えてうろうろしています。
なぜ増えるかというと、食べてるからですね。
なぜ食べるかというと、減食しても減らない上に食べても増えないからです。それに心理状態が加味されて非常にまずい段階で、絶賛クヨクヨ中ですw

他のレコダイブロガーの方もある時期ネガティブな文章を書かれたりしてることがありますが、当時は考えすぎじゃないかなーとか思ってましたが、ちょっと気持ちがわかりますね〜w。

大事なのは続ける事と割り切って、今月は数字には拘らない様にします。

でもこういう事があると知ってるのと知らないのでは大違い。もし知らなかったらここで失敗してたと思います。

お互い年齢も体重も近いですから、応援しております。
頑張らないで頑張りましょうー!おー!
Posted by 傘 at 2008年06月14日 00:13
傘さん、こんばんは。
75日目の変化、辛いようですね。経験された方は、みなさん一様にキツい様子が伝わってきます。レコダイブロガーも傘さんがおっしゃるとおり、みなさんネガティブになって、口が悪くなったりしてますもんね。岡田さんは長くても2週間と書いてますので、できるだけ早く抜けるといいですね。

そうそう。予め知っていて良かったと書いている人ばかりですよね。そこの点だけ取っても岡田さんの功績は素晴らしいかもしれないですね。どんなダイエットでも起こりうる変化でしょうから。

頑張らないで頑張りましょうー!おー!おー!
Posted by 傘さんへ at 2008年06月14日 02:16
>こういうことがあることを知ってるのと知らないのとでは大違い。

知らなかった私は2週間どころか、2ヶ月迷走しました。レコダイに切り替えたとたん、大して何が変わったって訳じゃないのに、4.6s減ですよ!!病気の数値がなきゃ、止めてます。「治せる病気をありがとう」はそこからもきてます。

健康体と思ってる方も絶対により元気になっているはず。それに気づくことができれば、トンネル抜けはもう間近かも。
Posted by たすく at 2008年06月14日 08:17
家庭菜園のイチゴがうちもボチボチ・・
今年は甘いかなぁ〜^^

私もまだ、75日目の変化になっていないのかな・・
あまりにもスロウでいっているから気がつかないのかも(爆)
でも、色々知っているのは本当に心強いですよね
↑健康体になっているって、いい言葉、頑張れますね
Posted by kun at 2008年06月14日 08:54
たすくさん、おはようございます。

2ヶ月も迷走したんですね。そうですよね〜。
「75日目の変化」や「停滞期」の説明があったおかげで、ダイエットをあきらめない人が多くなったでしょうね。何が変わった訳じゃないのに痩せたっていうのは、やはり「知った」ことによるのでしょうね。
「治せる病気をありがとう」は、たすくさんならではの言葉だと思います。

私の場合、ただ太っているだけで健康体と思っていましたが、健康体のわけないんですよね。体重のトンネルはまだ半分くらいですが、心の状態はトンネルを抜けてまばゆい光を浴びているのを確信しています。
Posted by たすくさんへ at 2008年06月14日 09:20
kunさん、おはようございます。
kunさんちもボチボチですか。我が家はイチゴ2株(株でいいのかな?)だけなので家庭菜園とは言えないんですが、1個、2個実れば食べてます。すごく甘いですよ。イチゴは低カロリーですよね。

私も「75日目の変化」はまだです。私の場合も減り方がゆっくりだからかもしれません。

病気や不調がないと「健康」を意識することってないのですが、レコダイ前の自分はやっぱり病気だったんだと思います。「肥満は病気」というのをメガデブの時には気づけませんでしたが、最近になって分かってきたように思います。
Posted by kunさんへ at 2008年06月14日 09:32
遊びにきました。
いつ見ても良いブログですよね。
やっぱブログって時間かかって更新とか面倒臭い時もあるけど楽しいですよね^^
私は楽しんでやってます。
もし、良かったら私のブログも見てくださいね。
また遊びにきますね。
ではでは今後とも宜しくお願いします。
Posted by もてる男 at 2008年06月14日 16:52
もてる男さん、はじめまして。
いつも見ていただいてありがとうございます。
ブログ、楽しいですよね。もてる男さんも楽しんでやられているようで・・・。
私ももてる男になりたいものです(笑)
コメントありがとうございました。
Posted by もてる男さんへ at 2008年06月14日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)