スポンサードリンク

2015年08月14日

今はわからないかもしれないけど、「学生のうちに一度は訪れたい!人生の価値観が変わる5つのスポット」

お盆なので、お墓参りで帰省している人が多いのでしょうか。夏休みで海外旅行に行っている人もたくさんいるのでしょうね。

そんな中、私は仕事をしているわけですが、昼休みにネットを見ていたら、『学生のうちに一度は訪れたい!人生の価値観が変わる5つのスポット by 留学広報部』という記事が目に留まりました。

このタイトルに惹かれたのと、最初のイラストにも惹かれたのですが、書いている人が「マーボー」という名前であるところにも惹かれてしまいました。
というのも、子どものころから私を可愛がってくれた親戚のおじさんが、私のことを「マーボー」と呼んでいたからです。おじさんが亡くなってからもう何年も経ちますが、お盆なので思い出させてくれたのかな。

おっと、話がそれてしまいましたね。

この『学生のうちに一度は訪れたい!人生の価値観が変わる5つのスポット by 留学広報部』という記事なのですが、ここに書かれていることはまさにその通りなんですよね。私の同じ年代以上の人たちなら、みな共感できるのではないでしょうか。

私の若いころも、こういうことが盛んに言われてましたよ。その頃は、「若者はタイに行け」というコマーシャルがありまして、当時は『そんなものかね〜』と思っていました。

『仕事をするようになって、お金ができたら旅行に行けばいいや』って考えていたのです。

しかし、社会人になってしまうと、旅行に行く時間なんてありません。今ごろのような夏休み時期や年末年始になると、海外旅行に何百万人も行ったとかなんとかニュースになりますが、私にはそんな時間はありませんでしたからね。

若いうちは、時間なんて無限にあるように思ってますから、『いつか行けるさ』『行けるときが来るさ』って考えていました。

この『学生のうちに一度は訪れたい!人生の価値観が変わる5つのスポット by 留学広報部』で紹介されているスポットを見ると、私が昔から行きたいと思っていたところばかりです。

ハリウッド映画やアメリカのテレビドラマ、アニメなどをよく見てきましたから、これらの場所は、何度も出てきて、そのたびに『アメリカに行ったら、行ってみたいな〜』と思っていました。この記事にある写真や動画を見ても、またその気持ちがふつふつと湧いてきたくらいです。


しばらく忘れていました。この気持ち。

行ってみたいな〜。

でも、行けずに終わっちゃうんだろうな〜。
行きたかったなあ。


時間ができるのは、仕事を引退したときなんだろうけど、そのころはもう体が動かなくなっているから、もう無理でしょう。

今、言われても、まったく「ピン」と来ないだろうけど、この記事にもあるように、まとまった時間がとれて、体力があるのは、若いうちだけです。
若いときじゃないと行けないところがあるし、若いときの経験は、その後の人生に大きく影響を与えます。

それに、若いときにしか感じられないことがあるということも、この年になってわかってきました。

学生のうちに行きたいところには行っておきましょう。
大人になってから行けばいいなんて言ってると、行けないまんま、人生が終わってしまいます。

学生のうちに一度は訪れたい!人生の価値観が変わる5つのスポット by 留学広報部

この記事は、忘れていたことを思い出させてくれました。
若いころの気持ちと
優しかったおじさんのこともね。

ご訪問の記念にポチしてみると幸せが訪れるかも
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
にほんブログ村

レコーディングダイエット ブログランキングへ
posted by マカロン at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット以外のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月15日

レコダイ実践中2015年08月14日ツイッター














posted by マカロン at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月16日

レコダイ実践中2015年08月15日ツイッター














posted by マカロン at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月17日

レコダイ実践中2015年08月16日ツイッター


posted by マカロン at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月18日

レコダイ実践中2015年08月17日ツイッター














posted by マカロン at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)